初のワークショップ!ハウスを踊る。

インストラクターのチエです。

2018年はあっという間に過ぎていってしまい、気が付くと2019年。そして平成が終わる年になりました。そんな年の1発目の講義にワークショップとして友人のダンサーのcanaにハウスを教えてもらいました。

子供たちはいつもと違う体の使い方に四苦八苦していましたが、色々なジャンルを知るって楽しいですよね。私も昔は色んなワークショップやレッスンを受けていたな~なんて昔の事を思い出しました。

色んなジャンルに触れる!

子供の幅を広げる

私のポリシーである音で楽しむことがダンスですので、色んな音でも楽しんでもらいたいなーと思っています。ちょっとした曲があったら、ちょっとリズムをとりたくなる、ちょっとステップを合わせてみる。そんな感じでダンスを楽しんでもらいたい。音楽にも色んな種類があるので、その音にあったダンスがあります。子供たちには色んな音と色んなダンスを知って、表現する幅をひろげてもらいたいな~なんて思っています。そんな訳で今回はハウスをやってみようとおもいました。

ダンスのジャンル

今回は友人のダンサーにお願いしたのですが、通常のレッスンと何が違うかと言えば、ダンスのジャンルが違うんです。旦那によくこのダンスって何って聞かれるんだけど、本当に細かく分かれていて、正直、私も混乱します。昔はそんなに分けてなかったもん(笑)

昔から大きくストリートだとオールドスクール(ブレーキンとかロッキンとか)とニュースクール(ヒップホップやハウスなど)が分かれていて、その中で幾つかのジャンルがありました。今はそれぞれのジャンルが細かく細分化されていて、ヒップホップと言っても音楽によって例えばR&Bだったりジャズだったりわかれていたり、音の取り方だったり動きだったりで分かれています。
正直、最近の細分化は本当にわかりません。

こうしたジャンルは好みがあり私自身はクラッシックバレエやジャズをやってきたから、サニーでもジャズやヒップホップが中心です。

ハウスとは

様々なジャンルがある中で今回はハウスをやってみることにしました。ハウスとは基本的にはディスコ等でかかっていた音楽が元で発展したクラブミュージック(ハウスミュージック)に合わせて踊るダンスなんて言われています。
早めのテンポに併せるように素早いステップなどが特徴です。ジャンルとしてはターンやステップが中心でリズムやノリを切らずに流れるように踊る 『ロフティング』や 上半身を使った前のりをしながら、リズムを切るように強調して踊る『ジャッキング』などがあります。

ハウスをユーチューブで探してみました。そしたらALMAのHIROさんの映像が出てきました。格好良いですね。参考までに!

ワークショップレポート

講師ダンサー CANA

今回、ワークショップの講師を務めてくれるのは、CANAで私が結婚する前には、一緒にC&C(CHIEとCANA)というユニット組んで一緒に踊っていたりと私が全盛期の時に一緒にダンスをしていた仲間です。 音の取り方と脱力の具合が本当にストリート感が格好いい。(バレエや日本舞踊からダンスを始めた私には出来ない踊り・・・・)その踊り方にあこがれていました。
またダンスへの探求心がすごくて、ヒップホップやジャズだけでなくアフリカンとかポールダンスまで色んなジャンルをこなします。
 残念ながら頸椎を痛めてしまい、また結婚したことから第一線からは離れてしまいまたが、一緒に何かやりたいね~なんて話していたことから、口説き落としました。(頑張りました。)

当日の様子

今回はうちの生徒とそれだけではもったいないのでOGにも声をかけたところ、20名近い生徒が参加することになりました

簡単なストレッチから入り、基本的なステップや体の使い方、そして音楽に合わせて踊ってみました。

いつもと違う体の使い方に最初は戸惑っていましたが、子供の順応は本当に早い。すぐに自分のものにしていきます。
何よりもとっても楽しそうで、あっという間の90分でした。

とっても充実したワークショップになったので、また機会を設けて行いたいと思います。

CANAの経歴

● ダンス歴 28年(ハウス・ヒップホップ・ジャズ・アフリカン・ポールダンス)
● 経歴
1999年 
○ NHK「ポップジャム」Hanson バックダンサー出演(4月)
○ レゲエアーティスト「MOOMIN」プロモーションビデオ「Ride On」ダンサー出演(5月)
○ 日本テレビ系列 テレビドラマ「俺たちの旅」(V6主演)ダンサー出演(7月~9月)
○ TRF コンサートツアー千葉公演 ダンサー出演(8/22)
2000年
○ TBS系列 ドラマ「池袋ウェストゲートパーク」出演(6月)
○ 鈴鹿8耐 前夜祭 「ダンスサーキット」TRFサポートダンサー(8月)
2001年
○ 日本テレビ「24時間テレビ」内「深夜もヒッパレ」ダンサー出演(8月)
○ 日本テレビ系列「聖夜もヒッパレ」ダンサー出演(12月)
2002年
○ 嵐 プロモーションビデオ出演(2月)
○ 日本テレビ系列「夜もヒッパレ666回記念」ダンサー出演(6月)
○ 日本テレビ系列「24時間テレビ」内「夜もヒッパレ」ダンサー出演(8月)
2003年
○ テレビ東京系列「最高!ブギウギナイト」振り付けアシスタント(3月~9月)
2004年~2007年
○越谷ダンススクール「KREUZ」にて講師
2009年 
○madonna「Celebration」リリース記念、新宿サプライズイベント出演


ワークショップって何?

ワークショップとは、作業場や工房などを意味していますが、スキルを伸ばすための体験型講座ってのがイメージが近いのかなって思います。 詳しくはWikiさんに教えてもらいました。

学びや創造、問題解決やトレーニングの手法である。参加者が自発的に作業や発言をおこなえる環境が整った場において、ファシリテーターと呼ばれる司会進行役を中心に、参加者全員が体験するものとして運営される形態がポピュラーとなっている。会場は公共ホールや、スタジオ、美術館やカルチャースクール、ビルの1室、学校の教室を利用するなど様々。
WIKI参照

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です